米Bristol-Myers Squibb(BMS)社は2017年4月13日、米Biogen社とスイスRoche社それぞれとのライセンス契約を締結したと発表した。Biogen社には進行性核上性まひ(PSP)の適応で開発中の抗eタウモノクローナル抗体BMS-986168、Roche社にはデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)の適応で開発中の抗ミオスタチン融合蛋白BMS-986089を導出する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)