PhRMA会長が、予見性欠く薬価の下落に進みつつある日本市場に懸念示す

 米研究製薬工業協会(PhRMA)のJoaquin Duato会長(米Johnson & Johnson社executive vice president兼Worldwide Chairman、Pharmaceuticals)は2017年4月12日、都内で記者会見を行い、日本での予見性を欠く薬価の下落はイノベーションへの投資を損なうとして、緊急薬価改定や年4回薬価改定などは好ましくないとの考えをあらためて表明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)