富士フイルムが医療用X線動画技術、早期実用化目指す

富士フイルムは、雑音を抑えた高鮮鋭なX線動画をリアルタイムで表示できる医療用X線動画技術を開発したと発表した。デジタルX線画像診断分野で培ってきた画像技術と、画像解析に伴う複雑で膨大な演算を高速で行う新開発の画像処理エンジンによって実現した。今後、同技術を外科用イメージへ搭載するなど、早期実用化を目指す考え。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)