米Alexo Therapeutics社は、2017年4月10日、免疫系を抑制する免疫チェックポイント分子のCD47の阻害を通じてマクロファージの癌細胞貪食を促進する目的で開発しているALX148について、フェーズI試験に登録された進行性/転移性の固形癌と再発性/難治性の非ホジキンリンパ腫の患者への投与が始まったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)