ゲノム操作技術のエディットフォース、第三者割当増資で3億円調達

 2017年4月11日、PPR(pentatricopeptide repeat)蛋白質を利用した日本発のゲノム操作技術(PPR技術)の開発を手掛けるベンチャー企業のエディットフォース(福岡市中央区、中村崇裕社長)は、2017年4月5日付で総額3億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)