乾癬は全身性の炎症性疾患

 アッヴィが自己免疫性の皮膚疾患である乾癬をテーマに4月10日、都内でメディアセミナーを開催した。講師となった東京大学大学院医学系研究科の佐藤伸一教授(皮膚科学)は、乾癬の一般概念が従来考えられてきた皮膚疾患から腫瘍壊死因子(TNFα)の過剰産生を背景とする全身性の炎症疾患へと変化しているとして、治療標的としてのTNFαの有用性を強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)