阪大とユー・メディコ、抗TNF抗体とTNFのヒト血清中での相互作用様式を解析

 大阪大学大学院工学研究科の内山進准教授らは、腫瘍壊死因子(TNF)と抗TNF抗体医薬とのヒト血清中での相互作用様式を蛍光超遠心分析法で解析した成果を、抗体医薬の専門ジャーナルであるmAbs誌(IF4.161)2017年5-6月号にて発表する。オンライン版では2017年3月3日に暫定版として公開された後、4月8日に確定版が掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)