協和発酵キリンは2017年4月7日、CCケモカイン受容体4(CCR4)標的抗体「ポテリジオ」(モガムリズマブ、KW-0761)が皮膚T細胞リンパ腫(CTCL)患者を対象とする国際共同フェーズIII(MAVORIC、NCT01728805)で主要評価項目を達成したと発表した。CTCL治療薬として承認されているヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害薬「ゾリンザ」(ボリノスタット)を実薬対照として無増悪生存期間(PFS)を有意に延長した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)