医療機器の第一医科、耳鼻咽喉科で初の薬事認証ソフトを7月に発売

 2014年末に施行された「医薬品医療機器等法(薬機法)」で医療機器として認められるようになった単体ソフトウエア(プログラム医療機器)。耳鼻咽喉科領域で初めてその認証を取得したソフトウエアを、第一医科(東京都文京区)が2017年7月をめどに発売する。眼球運動検査装置用プログラム「yVOG(ワイボーグ)」だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)