MSD白沢副社長、「オンコロジ―の早期開発品も癌免疫療法が中心」

 米Merck社の日本法人であるMSDは、2017年4月4日、年次事業説明会を開催。グローバル研究開発本部長を務める白沢博満副社長執行役員は、同社の重点領域の1つであるオンコロジ―の探索研究やフェーズI実施中の開発品目は「基本的には癌免疫療法が中心だ」と明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)