持田製薬、外部から早期開発シーズ導入し自ら開発・販売する姿勢明確化

 持田製薬は、2017年4月3日、持田製薬グループの今年度からの3カ年計画として「17-19 中期経営計画」を発表。オープンイノベーションを推進し、早期の開発シーズの導入や提携で開発品の充実を図る姿勢を明確にした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)