スイスCRISPR Terapeutics社は、2017年3月28日、欧州特許庁(EPO)が、ドイツMax Planck Institute for Infection BiologyのEmmanuelle Charpentier所長と米California大学Berkeley校のJennifer Doudna教授が出願しているCRISPR/Cas9遺伝子編集技術を幅広くカバーする特許(13793997号)を認める意思を示したと発表した。同社はこの特許をインライセンスしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)