日本モンサントの山根精一郎社長が退任、後任に中井秀一部長

 米Monsanto社の日本法人である日本モンサントは2017年3月31日、15年にわたり代表取締役社長を務めている山根精一郎氏が3月末をもって退任すると発表した。4月1日からは、バイオ規制・環境部長の中井秀一氏が取締役社長に就任する。代表取締役は、モンサント・シンガポールにおけるアジア地域の法務統括を務めるDavid Blanco氏が兼任する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)