富士フイルムと東大発ベンチャーの心臓シミュレーター、2017年夏にも治験申請

 2017年2月28日に厚生労働省の先駆け審査指定制度の対象品目に指定された心臓シミュレーションシステム「UT-Heart」の開発を行っている東京大学発ベンチャー、UT-Heart研究所(東京・世田谷、久田俊明代表取締役)の杉浦清了取締役(東京大学大学院新領域創成科学研究科特任教授)、岡田純一取締役(東京大学大学院新領域創成科学研究科特任講師)らが本誌の取材に応じ、医療機器としての開発計画について明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)