北大と名大、Gluラセマーゼを持たないXanthomonas属細菌の新規一次代謝経路を発見

薬剤耐性菌の抗菌剤の開発にも寄与、JACS誌にて発表
(2017.03.21 00:00)1pt
河田孝雄

 北海道大学大学院工学研究院の大利徹教授らは、イネの病原菌であるXanthomonas属細菌の新たな1次代謝経路を発見した。院内感染菌であるStenotrophomonas属細菌などもこの新規経路を利用することから、病原微生物に特異的な抗菌剤の開発につながる成果といえる。名古屋大学大学院生命農学研究科の吉村徹教授と連名で、米化学会のJACS誌(インパクトファクター13.038)にて2017年3月16日にこの成果を論文発表し、次いで3月18日には京都市で開かれた日本農芸化学会で口頭発表した。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧