カナダBritish Columbia大教授、「毒性の強いアミロイドβのオリゴマー特異的に結合する抗体が必要だ」

(2017.03.17 00:07)1pt
高橋厚妃

 カナダUniversity of British Columbia Centre for Brain HealthのNeil R. Cashman教授は、神経変性疾患の診断や治療のための抗体の研究開発を手掛けている。Cashman教授が開発した抗アミロイドβ抗体は現在、カナダProMIS Neurosciences社が非臨床試験を実施中。Cashman教授が来日し、2017年2月14日、アルツハイマー型認知症治療薬の研究について本誌の取材に応じた。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧