遺伝子治療を手掛ける桃太郎源がDCIパートナーズなどから11億円を調達

(2017.03.16 01:03)1pt
山崎大作

 桃太郎源(岡山市北区、塩見均社長)は大和企業投資傘下のDCIパートナーズが運営するファンドなどから11億2000万円を調達したと発表した。調達した資金は、現在米国で手掛けている遺伝子治療のフェーズIIの資金に充当する他、製剤の大量生産の研究に活用する。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧