ファイザー、数年後にバイオ後続品でトップ企業になる見通し

2017年中の抗癌剤のパルボシクリブとアベルマブの承認に期待
(2017.03.14 00:10)1pt
伊藤勝彦

 米Pfizer社の日本法人であるファイザーは2017年3月8日、業績発表の記者会見を都内で開催した。同社では5つのバイオ後続品が開発後期にあり、数年後にはバイオ後続品で1位の企業になるとの見通しを示した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧