ロート製薬、細胞医薬の品質管理にエクソソームを活用へ

 2017年3月7日から9日まで宮城県仙台市で開催されている第16回日本再生医療学会総会のシンポジウム「エクソソーム研究と再生医療の接点を探る」で、ロート製薬再生医療研究企画部の石井強氏が、開発中の細胞医薬の品質管理や作用機序解明のため、エクソソーム研究の成果を活用していることを明らかにした(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)