CiRA高須副所長、「iPS細胞ストックのGMP化を目指す」

試薬使い回しの実態は「知らなかった」
(2017.03.14 00:13)1pt
久保田文

 2017年1月、ヒト白血球抗原(HLA)の主要3座ホモ接合体の健常ドナーから製造し、臨床向けに複数の研究機関に提供していた臍帯血由来iPS細胞株の製造過程で、本来使用すべきでない試薬を用いた可能性が発覚したとして、臍帯血由来iPS細胞株4株の提供を停止した京都大学iPS細胞研究所(CiRA)。2017年2月27日、CiRAにおいて、再生医療用iPS細胞ストックプロジェクトの責任者、医療応用推進室室長を務める高須直子副所長に聞いた。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧