ペプチドリーム窪田社長、進捗が遅れる2017年6月期の目標達成に自信

自社創薬についても、早期の導出により開発のコスト負担は抑える
(2017.02.22 02:38)1pt
山崎大作

 ペプチドリームは2017年2月20日、2017年6月期の第2四半期の決算説明会を開催した。2016年8月に示した2017年6月期の目標達成は問題ないことを強調した他、自社創薬やペプチド-薬物複合体(Peptide Drug Conjugate:PDC)のプロジェクトが立ち上がる中でも、窪田規一社長は「化合物の創出で導出する」と話し、コストの掛かる臨床試験は今後も手掛けない方針を示した。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧