NICEのパルボシクリブ非推奨ガイダンス案にABPIが異例の反発

(2017.02.17 00:44)1pt
緑川労=医療ジャーナリスト

 英国立医療技術評価機構(NICE)は、2017年2月3日、米Pfizer社の経口サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬Ibrance(パルボシクリブ)について、英国民保健サービス(NHS)における使用をベネフィットの観点から薬価が高過ぎるとして非推奨とする内容のガイダンス案を発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧