NICEのパルボシクリブ非推奨ガイダンス案にABPIが異例の反発

(2017.02.17 00:44)1pt
緑川労=医療ジャーナリスト

 英国立医療技術評価機構(NICE)は、2017年2月3日、米Pfizer社の経口サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬Ibrance(パルボシクリブ)について、英国民保健サービス(NHS)における使用をベネフィットの観点から薬価が高過ぎるとして非推奨とする内容のガイダンス案を発表した。

ここから先をお読みいただくには、会員登録が必要です。

ログイン