Broad Institute、ゲノム編集技術CRISPRの特許抵触審査で勝利

ヒトを含む真核生物に限定した発明を認定
(2017.02.17 00:25)1pt
川又総江

 米Broad Institute of MIT and Harvard(Broad Institute)は2017年2月15日、ゲノム編集技術CRISPRの特許権をめぐる特許抵触審査(インターフェアレンス)について、米特許商標局(PTO)特許審判部(PTAB)の審決結果を受けてコメントを発表。Broad Institute側が取得していた真核生物のゲノムを対象とするCRISPRの特許は、米University of California Berkeley校(UC)とオーストリアUniversity of Viennaが出願した特許に抵触しない「no interference-in-fact」との審決を得たと説明した。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧