米国科学アカデミー、生殖細胞のゲノム編集の臨床試験は「実施可能」

ヒトゲノムの編集で報告書
(2017.02.16 00:29)1pt
久保田文

 米国科学アカデミー(National Academy of Sciences:NAS)は、2017年2月14日、重篤な遺伝性疾患を予防する目的に限り、生殖細胞のゲノム編集を認めるとする報告書「Human Genome Editing: Science, Ethics, and Governance」を公表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧