阪大の難波教授ら、クライオ電顕で骨格筋の収縮の仕組みを解明

日本電子の電顕を使用、難波研にはクライオ電顕4台
(2017.01.20 00:30)1pt
河田孝雄

 大阪大学大学院生命機能研究科の藤井高志特任助教と難波啓一教授は、骨格筋を形作るアクトミオシン複合体の立体構造を5.2オングストローム(=0.52nm)の解像度で決定して骨格筋の収縮が高速かつ高エネルギー効率である仕組みを解明した成果を、英Nature Communication誌で2017年1月9日に発表した。日本電子の電子顕微鏡を用いたクライオ電顕(cryoEM)単粒子解析法の成果だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧