米Sharp Edge Labs社は2017年1月3日、大日本住友製薬と共同で遺伝性神経変性疾患治療薬を創出すると発表した。契約により、大日本住友製薬が化合物ライブラリーを構築し、Sharp Edge Labs社はそれを自社のプラットフォームに活用してリード化合物や開発候補を特定する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)