米Kite Pharma社は、2017年1月3日、米食品医薬品局(FDA)にT細胞受容体(TCR)遺伝子治療KITE-718に関するフェーズI試験の開始許可を申請したと発表した。KITE-718は、患者のリンパ球にメラノーマ関連抗原A3とA6(MAGE A3/A6)を標的とするTCR遺伝子を導入して移植する治療法だ。MAGE A3/A6は、膀胱癌、食道癌、頭頸部腫瘍、肺癌、卵巣癌といった一般的な癌に発現が見られる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)