ロシュ・ダイアグノスティックスは2016年12月27日、上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異の検査に用いる体外診断用医薬品「コバスEGFR変異検出キット v2.0」の一部変更承認を12月26日に取得したと発表した。リキッドバイオプシーによる体外診の承認は国内初。アストラゼネカ社の非小細胞肺癌(NSCLC)治療薬「タグリッソ」(オシメルチニブメシル酸塩)の適応を判定するコンパニオン診断などに用いられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)