中外製薬は2016年12月22日、自社開発した血友病A対象のバイスペシフィック(二重特異性)抗体エミシズマブ(ACE910)が、フェーズIII国際共同治験HAVEN1(NCT02622321)の主要評価項目を達成したと発表した。12歳以上のインヒビター保有患者を対象とする週1回の予防的皮下投与で、非予防投与群と比べ出血頻度が有意に減少した。副次評価項目も全て達成した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)