リコー、バイオ3Dプリンターを用いた研究を加速へ

 リコーは、インクジェットプリンターの技術を活用し、細胞を3次元に配置してヒト組織を作製するバイオ3Dプリンターの開発を手掛けている。2016年11月8日、今後の事業の方針について、リコー未来技術研究所バイオメディカル研究室の田野隆徳室長と高木大輔グループリーダーに話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)