中外製薬がスペインPharmaMar社から抗癌剤を導入

 中外製薬は2016年12月22日、スペインPharmaMar社の抗癌剤PM1183について、日本での開発・販売に関する独占的ライセンス契約を締結したと発表した。これに伴い、中外製薬は3000万ユーロの契約一時金に加えて、開発進捗や販売額に応じて総額1億ユーロ超のマイルストーンを支払う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)