ISO、再生医療用細胞などの輸送法の標準化に向けて本格的に議論開始へ

 再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)は、2016年12月21日、国際標準化機構(ISO)の委員会で、再生医療で利用する細胞などの輸送の方法の標準化に関する国際標準提案が、新業務項目として承認されたことを発表した。今後、ISOのバイオテクノロジー専門委員会であるISO/TC276で、標準化についての議論が本格的に開始される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)