米Editas Medicine社は2016年12月19日、ゲノム編集技術CRISPR(Clustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeat)に関わる新たな知的所有権の独占的ライセンスを獲得したと発表した。米Broad Institute of MIT and Harvard(Broad Institute)、Harvard University、Massachusetts Institute of Technology(MIT)、Wageningen University、the University of Iowa、および東京大学が所有する新技術「CRISPR/Cpf1」と、既によく知られているCRISPR/Cas9をベースとする新技術を含めたグローバルライセンスだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)