大日本住友、CDK9阻害薬を血液癌に対して開発中の米Tolero社を買収へ

 大日本住友製薬は、2016年12月21日、米Tolero Pharmaceuticals社を買収することで合意したと発表した。買収の狙いについて、大日本住友製薬の多田正世社長は、「Tolero社は血液疾患への展開が期待できる化合物を有しており、キナーゼを中心とした優れた創薬力を有している。癌領域、中でも血液癌の開発品目の強化につながる」と説明。2019年1月に迎える非定型抗精神病薬「ラツーダ」(ルラシドン)の「パテントクリフ後の成長に寄与することを期待している」と述べた。【訂正】当初の記事で、販売マイルストーンを最大1500万ドル(約176億円)としていましたが、正しくは、最大1億5000万ドル(約176億円)でした。お詫びして訂正いたします。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)