科学技術館、小中学生向けに“薬”をテーマとする常設展示

 小中学生などが展示や体感型プログラムを通じて科学技術の原理や産業応用について学べる科学技術館(東京・千代田、野依良治館長)に、「くすりの部屋―クスリウム」が新設され、2016年12月21日、完成式典が開催された。式典で日本製薬工業協会(製薬協)の畑中好彦会長(アステラス製薬社長)は、「多くの子どもが生命科学に興味を持ち、創薬や医薬品に携わる職業に就きたいと志すことが、長い目で見れば医薬品の革新につながる。多くの子どもが夢を膨らませるきっかけになれば」とあいさつした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)