国がん、メチル化異常の程度から除菌後の胃癌発生リスクが予測可能

 国立がん研究センター研究所エピゲノム解析分野の牛島俊和分野長らの研究グループは、早期胃癌で内視鏡的治療を受けた胃癌患者を対象に、多施設共同前向き研究を実施した結果、正常組織に蓄積したDNAメチル化異常の程度が高い患者群では、別の胃癌が発生するリスクが高いことを突き止めた。将来的には、特定の遺伝子のメチル化異常の程度を調べることで、ピロリ菌除菌後も胃癌が発生しやすい患者を絞り込める可能性がある。研究結果は、2016年12月21日、英Gut誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)