英NICEと米FDAが医療機器の費用対効果に関するデータ収集支援で提携

 英国立医療技術評価機構(NICE)と米食品医薬品局(FDA)は2016年12月14日、医療機器並びに診断機器開発企業が、製品の臨床的有効性を費用対効果の観点から示すエビデンスを収集するための支援事業について提携すると発表した。同提携の目的は、販売承認から保険償還までの時間を短縮し、患者の新規医療技術へのアクセスを迅速にすることである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)