産業革新機構、PRISM Pharmaの株式をDBJキャピタルに譲渡

 産業革新機構(INCJ、東京・千代田、勝又幹英社長)は、2016年12月16日、同社が保有するPRISM Pharma(横浜市緑区、小路弘行社長)の全株式を、DBJキャピタル(東京・千代田、鹿島文行代表取締役)の無限責任組合員であるDBJキャピタル投資事業有限責任組合に譲渡したと発表した。同時に、複数の株主がPRISM Pharmaの株式をDBJキャピタルに譲渡したもよう。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)