阪大医学部長選挙で現職の澤教授が負ける

 大阪大学の医学部長選挙で、現職の澤芳樹心臓血管外科教授が、前医学部長の金田安史遺伝子治療学分野教授に負ける波乱があった。澤教授は総長選への出馬も噂される中で、思わぬ形で足をすくわれる形になった格好だ。同大では2016年12月14日、澤教授の提案で動物部門なども含む総合的なゲノム編集センターが新設されたばかり。東京理科大学との包括提携や産学連携などの旗も振ってきた澤教授の退任で、大阪大の今後の動きが注目される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)