大鵬薬品のCVC、T細胞受容体療法を手掛けるバイオテク企業へ出資へ

 大鵬薬品工業のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)であるTaiho Ventures社は、T細胞受容体(TCR)療法の開発を手掛ける米国のバイオテク企業へ第2弾となる出資を決めた。2016年12月8日、Taiho Ventures社の浅沼栄代表と、大鵬薬品でCVCを担当する下村俊泰担当課長、宮原成司研究員に、出資の方針や出資規模などについて聞いた(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)