大塚製薬は2016年12月15日、タカラバイオが開発中の腫瘍溶解性ウイルスHF10の日本国内における開発・販売に関する独占的ライセンス契約を締結したと発表した。全ての癌種を対象とする再生医療等製品として国内臨床開発を共同で進める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)