AIで肝臓がんの画像診断を支援

 立命館大学 情報理工学部 教授 先端ICTメディカル・ヘルスケア研究センター長の陳延偉氏の研究グループは、肝腫瘍の画像診断を人工知能(機械学習)で支援するシステムを開発した。造影剤注入からの時間が異なる複数のX線CT画像をもとに、過去の類似症例を即座に検索。診断の参考にできる。今後、臨床研究や機器メーカーとの協業を通じた実用化開発を進める考え。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)