第一三共、抗体薬物複合体と急性骨髄性白血病をフランチャイズに

 第一三共は2016年12月13日、R&D説明会を開催。2016年4月1日付で同社に入社し、オンコロジー研究開発グローバルヘッドに就いたAntoine Yver氏が、「癌に強みを持つ創薬企業となるべく、抗体薬物複合体(ADC)と急性骨髄性白血病(AML)をフランチャイズに定める」と説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)