協和発酵キリン、KW-6002の国際共同フェーズIII再挑戦も有意差を示せず

 協和発酵キリンは2016年12月13日、パーキンソン病治療薬KW-6002(イストラデフィリン)の国際共同フェーズIIIの速報結果を発表。実薬群で統計学的な有意差が認められなかったことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)