エーザイは2016年12月12日、自社創製の経口用βサイト切断酵素(BACE)阻害薬elenbecestat(E2609)のフェーズII(202試験)、およびフェーズI(006試験)の解析結果を発表した。これら2試験の最新データは、米国で12月8日から10日に開催された第9回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD 2016)で報告され、現在実施中のフェーズIIIプログラム(MISSION AD)で採用している至適用量の決定根拠が示された(関連記事1)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)