味の素とAjinomoto OmniChem社、ジーンデザインを傘下に

 味の素と連結子会社のベルギーAjinomoto OmniChem社は、核酸医薬の開発・製造受託会社(CDMO)であるジーンデザイン(大阪府茨木市、湯山和彦社長)の発行済み全株式を2016年12月下旬に取得する。株式売買契約を締結したと12月9日に発表した。味の素グループのオリゴ核酸製造技術と医薬品の製造機能・ノウハウにジーンデザインの経営資源を加え、成長著しい核酸医薬のCDMO分野での事業拡大を加速する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)