中医協薬価専門部会、日医委員と製薬業界で激論

 厚生労働大臣の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)薬価専門部会が2016年12月9日に開催され、薬価制度の抜本的な見直しなどをめぐって業界団体からのヒアリングを実施した。出席した製薬業界団体の幹部らは、現行の薬価制度に課題があることを認め、見直しに協力するとの姿勢をあらためて表明した。一方で現在検討されている薬価改定の毎年実施や原価計算方式の際の製造総原価の公表に強く反対する姿勢を示した。また特例拡大再算定については廃止を求めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)