英公取委、Pfizer社などに不公正な値上げで高額の罰金科す

 英公正取引委員会(CMA)は、2016年12月7日、米Pfizer社と英医薬品流通業者Flynn Pharma社に対して、抗てんかん薬フェニトインについて過剰かつ不公正な価格で英国民保健サービス(NHS)に保険請求を行い、競争法に違反したとして、Pfizer社に8420万ポンド(120億4060万円:1ポンド=143円換算)、Flynn社に520万ポンド(7億4360万円)の罰金を科したと発表した。8420万ポンドの罰金は過去最高額だという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)