BIOS、「動物胎仔利用し腎臓形成させる再生医療の実用化目指す」

 東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科の横尾隆教授らは、発生過程で腎臓が形成される仕組みを利用し、動物体内でヒト腎臓を形成させる研究開発を手掛けている。同技術の実用化を目指しているのがBIOS(東京・渋谷、林明男社長)だ。2016年11月29日、横尾教授とBIOSの林社長に、研究開発の動向や製薬企業との共同研究の可能性などについて聞いた(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)