核酸医薬の米NapaJen Pharma社、第三者割当で16億5000万円調達

 核酸医薬の研究開発を手掛ける米NapaJen Pharma社(安藤弘法代表取締役)は、産業革新機構(東京・千代田、勝又幹英社長)などを引受先とする第三者割当増資を実施した。第三者割当増資の総額は、1450万ドル(約16億5000万円)。払込期日は2016年12月1日。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)